ダイエットの事ならPerfect Diet!!
ダイエットしたい方必見です。

Perfect Diet

バランスボールダイエット

バランスボールとは、弾力性のある大きなボールを使って行うエクササイズのことです。ボールさえあれば、テレビを見ながらでも気軽に出来ることもあって人気となりました。
大きさはいろいろありますが、座ったときに足を床につけて、ひざが90度くらいに曲がるものがちょうどいいサイズです。目安として、身長155cm以下=55cm、175cm以下=65cm、175cm以上=75cm、くらいがちょうどいいでしょう。

空気の入れ方は、バランスボールは弾力性があるので、大きければ空気を抜き、小さければ空気を入れることである程度調節できます。

また、空気を少なくするとボールが安定しやすくなり、難易度が低くなります。初心者のうちは少なめでスタートし、慣れてきたら空気を多めにいれてみましょう。空気を入れる時は専用の空気入れを使うのが便利です。

バランスボールの効果

バランスボールの効果の中でも特に特徴的な歪みの矯正と、インナーマッスルを鍛えることによるダイエット効果が特に注目されているようです。ではバランスボールを使うことによって具体的にどういう効果が期待できるのでしょう。

ただでさえ運動不足の現代人。一日中座りっぱなしで、パソコンに向かう日々になってはいませんか・・・?
これで姿勢が悪くならないはずがありませんよね。よほど意識していないと、すぐに猫背になってしまう人も多いのでは・・・。
バランスボールは、そんな体の歪みを矯正してくれます。具体的には、不安定なバランスボールに乗ることで、体がバランスを取ろうとして体中の筋肉を使うのですが、このときインナーマッスルと呼ばれる体幹筋肉が主に使われることがバランスボールのポイントとなります。

体幹筋肉とは、背骨や骨盤を支える働きをしている筋肉のことです。ボディーコアとも呼ばれます。姿勢を維持するのに欠かせない筋肉ですが、通常のトレーニングではなかなか鍛えることが難しいとされています。この筋肉が衰えてしまうと猫背や肩こりの原因となってしまいます。

歪みが矯正されれば血流もよくなり、疲れにくい体まで手に入ってしまいます。これにより基礎代謝のアップも期待できます。

また、バランスボールはストレッチにも最適だと言えます。
バランスボールでストレッチで疲労した体の筋肉をほぐすのはもちろん、筋力トレーニングなどの少しきつめの運動、また有酸素運動までバランスボールは可能なのです。

これは本当に種類が多いので、飽きずにバランスボールを楽しめます。バランスボールの上に乗って、軽く体をバウンドさせるのも楽しいし、バランスを取りながらなので見た目よりも運動になります。バランスボールを使った様々な運動法が色々なところで紹介されているので、自分に合ったバランスボールの運動方法を選んで実践できるのもいいでしょう。

バランスボールを使ったストレッチの効果

1:バランスボールの関節のセンサーを改善すると、安定したスムーズな動作ができます。捻挫などの怪我を防ぐためにも実践しましょう。またリハビリにも有効です。

2:スポーツ選手の遠征期間の身体を維持するトレーニングにも、フィットネス愛好家の方のトレーニングにもバランスボールは有効です。

3:バランスボールを使って不安定な姿勢を保ちながら筋肉トレーニングすると、中枢神経系=状況判断と筋力が統合して、よりスポーツに向く実践的なトレーニングができます。

4:バランスボールの姿勢を安定させることで、今までのエクササイズはあまり使われなった筋肉が使われるようになり、とても効果的なバランスボールエクササイズになります。

手軽に、楽しくトレーニングできるのがバランスボールなのです。

バランスボールを使ったダイエットトレーニング

バランスボールに座ってバランスを取るだけのエクササイズに物足りなくなったら、ステップアップして新しいバランスボールトレーニングに挑戦してみるのもいいでしょう。

バランスボールはいろいろなポーズで鍛えたい部分を鍛えられる優れものです。バランスボールに座るだけではもったいないです。最低でも週に2〜3回を目安に、10回を1セットとして3セットを基本に続けるとバランスボールトレーニングの効果を実感しやすいでしょう。

おなかエクササイズトレーニング

膝で立ちお尻を上げながらバランスボールに肘をつき、手を合わせて両手を組みます。顎を引いて額をつけます。お腹を丸めて構えます。肘の三角形を崩さないようにします。

祈るような形になります。お腹を伸ばして顔を上げつつ、膝と頭とお腹が全て一直線になるようにバランスボールを前に転がし、戻ります。

お腹を伸ばして顔を上げつつ、膝と頭とお腹が全て一直線になるようにバランスボールを前に転がし、戻ります。このとき腰を反らしすぎないように気をつけましょう。

バランスボールの注意点

バランスボールを使う時は必ず滑りにくい場所を選びましょう。
バランスボールから落ちても大丈夫なように、バランスボールの下に柔らかいマットを敷くのがお勧めです。また、周囲に物があるところは大変危険です。

バランスボールにしっかり空気を入れて使いましょう。
また自分の身体に合った大きさのバランスボールを選ぶのも重要となります。バランスボールを選ぶ時の大体の目安です。バランスボールの目的や用途によっても変わってきます。

身長〜100cm→ サイズ35cm
身長100〜120cm→ サイズ45cm
身長120〜155cm→ サイズ55cm
身長155〜170cm→ サイズ65cm
身長175〜190cm→ サイズ75cm
身長190cm〜→ サイズ85cm

バランスボールに座って膝を曲げたときに、膝の角度が90度になるバランスボールが最適です。

pickup

いろいろなDIET方法

 骨盤直しダイエット

 メディケアダイエット

 バランスボールダイエット

 ヨガダイエット

 炭水化物のコントロール