ダイエットの事ならPerfect Diet!!
ダイエットしたい方必見です。

Perfect Diet

メディケアダイエット

メディケアダイエットとはお医者さんや薬剤師・栄養士がチームを組んで、患者さんと一緒に肥満を解消していくダイエットの事です。このダイエットでは、最初に医師の診察を受け、健康状態をチェック、その健康状態や患者さんの状況、要望などをふまえて、患者さん一人ひとりのダイエットプログラムを作成していきます。

ダイエットの手法は、食欲抑制剤で体重を落としながら、それと平行してカウンセリングでウエイトコントロールや食事のしかたなどを身につけてもらい、一時的にやせるには簡単ですが生涯にわたって太らないからだをつくるには、食生活、健康状態、家庭環境、日々のストレスなどあらゆる面からサポートできるプロが必要となります。

メディケアダイエットの特徴

我慢・頑張りは不要!

苦しい思いをして食事量を減らしたり、スポーツクラブで汗を流してやっと体重を数キロ下げたのに、わずか1ヶ月でもとに戻ってしまう。「あんなに頑張ったのに ・・」「あんなに我慢したのに ・・」と、悔しい思いをした人も多い事でしょう。我慢や頑張りはストレスになるだけで、そのストレスがリバウンドを引き起こしてしまうのです。

しかしメディケア・ダイエットは、脳に働きかけるダイエットなので我慢する必要はありません。食事制限は、食べたいのに食べれないから辛く感じますが、そのいちばん辛い食欲の部分を薬が抑えてくれるので食事の時間が来ても空腹感を感じなかったり、少し食べるとお腹がいっぱいになるので、食べる量を自然に制限できるのです。

そして「これを食べてはいけない」「何キロカロリーまで」というような意志による制限もありません。本能の欲するままに、食べたい物を満腹になるまで食べていいのです。食べる量が減れば、体重は落ちていきます。メディケアダイエットは、脳がストレスを感じることなく、まず体重を落としてしまうのです。

リバウンドをしない

このダイエットを支えているのは、医療行為というハードの部分と、カウンセリングという部分です。この両輪のどちらが欠けてしまうとダイエットはうまくいきません。3ヶ月のダイエット期間中に患者さんにやって頂くのは、自分が消費するエネルギーと食べるエネルギーの量を覚える事です。これは頭で覚えるのではなく、身体で覚えてもらいます。

そのためにやって頂くのがMDファイルの作成です。三食の食事の内容や感覚、体重を記録に残すことで、毎日の食生活を振り返る事ができます。また、どういう食事が肥満に結びつくかわかってきます。頭でカロリー計算をしなくても、身体でウエイトコントロールできるようになるのです。

成功率は高い

食欲抑制剤は、あくまでも体重を落とすためのきっかけなのです。薬に頼るだけなら、そのあとリバウンドするのは時間の問題です。薬と平行して、リバウンドしないようなケアをすることが大切な事なのです。

患者さんが薬を服用し、食欲から解放されているあいだに、自分がなぜ太ったのか、それを患者さんに考えていただきます。食事、運動、ストレス、生活環境・・・肥満は、そのどこかに狂いがあって生じた結果なので、それが何か、日常生活のなかから見つけだしてもらうのです。

それがわかるようになると、患者さんの気持ちも変わってきます。大事な事は、患者さんの前向きの気持ちを引き出して、自分からダイエットに取りこむようにしむけることなのです。このようにメディケア・ダイエットは、医師・薬剤師・カウンセラーがそれぞれプロの立場で患者さんのダイエットを応援をし、事故や間違いの起こらないようにきめ細かく対応していくのです。なので、挫折することなく、驚異的な成功率を達成できているのです。

メディケアダイエットのQ&A

Q:メディケアダイエットは他のダイエットとどう違うの??

A:基本的には、食事療法や運動療法を行わず、薬を使ってまず体重を落とし、それと平行してカウンセリングを受けながら、太らない食事のしかたや生活習慣などを身につけていただきます。また、内科医と提携して健康チェックを行っていることも、他のダイエットとは違う点でしょう。体調の変化を見守りながら、無理のないダイエットをしています。

Q:薬はどれくらいの期間飲むのですか。

A:人によって異なりますが、通常は2ヵ月半です。効果が早く出た場合は、もっと早く薬を止めることもあります。

Q:アルコールや甘いものを抑えられる??

A:アルコールも甘いものも、あまり欲しいと思わなくなります。ただし気をつけていただきたいのは、この薬を飲んでアルコールをたくさん飲むと、薬の効果が失われてしまいます。

Q:薬をやめたら、食欲がもとに戻ってしまう??

A:その心配はありません。ダイエット中に、その人の食事の適正量や太らない食生活をからだで覚えていただくため、胃も小さくなります。食欲がもとに戻ったり、食べ過ぎるようなことはありません。薬を飲んでいた頃よりも、多少食べる量が増えるくらいでしょう。

Q:このダイエットの対象になる人は、どの程度の肥満の人なの??

A:BMI25を超えたら肥満で、治療が必要でしょう。なのでBMI25以上の人は全員、このダイエットの対象になります。病院の肥満治療は、BMI35以上の人しか受け入れません。病院で治療が受けられない人のためにも、このダイエットは意義があると思います。


check

喜多方ラーメンなら
いろいろなDIET方法

 骨盤直しダイエット

 メディケアダイエット

 バランスボールダイエット

 ヨガダイエット

 炭水化物のコントロール